未分類

原点に戻る

先日阿武町に行った時イージスアシュアの話になった。今反対運動している方のお話を聞き

あんなものができたら物凄い量の電磁波(携帯の何十倍の電波)で皆んな病気になると言っていた。

次の日うちのお客様にその話をしたら。それはデマだと言う

あれはミサイルが飛んできた時に感知しそのミサイルを撃破するもの。

電磁波の事は嘘だと言う。

もし戦争になった場合日本は自国を守ることさえできない。平和ボケしてるといわれてました。

色々考えたけれど

私は平和が一番良い。

戦争反対運動に目を向けるよりは平和を願いたい。

小学校の時にぶらくの映画を見せられた。私は何の意味があって見せられたのが意味が分からなかった。

差別と偏見という言葉をこの時初めて知ったからだ。

ぶらくの事も映画を見なかったら知らなかったし。見て知ってもだから何なんだ??としか思わなかった。

こんな事で差別する人がいるとも思わなかったから。

うちの子供が家で友達の悪口を言ったことは一度もない。私も旦那も人の悪口を言わないから…

ただそれだけの事。

親が家で人の悪口ばかり言ってると子供はそれが当たり前になってしまう。

当たり前は家族の中で養われる。

そう考えるとまずは親同士が相手を思いやれるかどうかで子供への影響も変わってくると思う。

 

せーーーの。で世界中の人がとなりにいる人を思いやり声をかけ愛生きたら。幸せなんだろーなー

と思う。

今の世の中の喜怒哀楽と

思いやりに満ちた喜怒哀楽は全くの別物だよね。。きっと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です