未分類

春の小川は…

そもそも人生そんなに考え悩むものでは無いのだ。
と言う結論に至った…

毎日来られるお客様と話していて思う。
喜怒哀楽と春夏秋冬似たようなものだな

暑かったらクーラーつけたら良いし
寒かったらたくさん着たら良いし
朝寒くて昼暑かったら脱げば良い

そんなものなんだと…

感情はホルモンなんだからそんなに大切にするものでは無いと師匠は仰られている

そーだ。その通りだと思う。。

感情が出る事は悪い事では無い
が。その感情を大事にするのはあまり良い事では無い…
春夏秋冬なのだから。

感情なんて過ぎ去っていくものなのだから
私は他の人よりは感情が過ぎ去るのが早いと思う。。脳内血液がサラサラなんだろー
覚えてられない
記憶喪失??ってくらい忘れる
と言うより忙しくて次の事考えてたら忘れてしまうのだ。。

時々ふと思い出し悲しくなる事もある。
そんな時は肘冷えたかな?と思い肘を温める。不思議と消える(笑)
この現象をよく根にあるとか言うけど…
それも氣のせいだと思ってる。。
思い込みだと思う。。
なぜなら感情はホルモンだから…

そんな事より光一点
光明想
何のために生まれてきたのか?
光に覚醒する為だ(笑)

私はその事を教えてくれる師匠に出会えて幸せだと思う。。

皆さんは??光だと言う認識ありますか??

優先順位第一【光】で生きていきます( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です